銀座東京クリニック  銀座東京クリニック
銀座東京クリニックホーム 院長紹介 診察のご案内 診療方針 書籍案内 お問い合わせ

電話:03-5550-3552
(月〜金曜日 午前9時から午後5時30分)
Fax :03-3541-7577(24時間受信)
e-mail:info@f-gtc.or.jp

診療時間
日祭
9:00〜
. 12:00
×
×
13:00〜.
17:00
×
×

※クリックすると拡大表示されます

東銀座駅から写真での詳しい道順はこちらへ

〒104-0061
東京都中央区銀座5-14-9 石和田ビル5階

東銀座駅(営団日比谷線/都営浅草線)
4または6番出口より徒歩3分
銀座駅(銀座線/日比谷線/丸の内線)
5番出口より徒歩8分



がんの漢方治療と補完・代替医療(未認可医薬品やサプリメント)を専門に診療しています。「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した補完・代替医療を目標に、経済的負担が少なく、科学的根拠のあるがんの補完・代替医療を実践しています。
診察は 予約制 ですので、診察ご希望の場合は予め電話(03-5550-3552)でご連絡下さい。全て自由診療で保険は適用されませんのでご了承下さい。
以下の項目を専門に診療致しておりますので、ご相談ください。

がん治療中の体力,抵抗力保持,副作用予防
がん治療後の再発予防
進行がんの代替医療
慢性肝炎,肝硬変,肝がんの治療
当クリニックの漢方がん治療についてはこちらへ
漢方の煎じ薬の解説はこちらへ
抗がん力を高めるサプリメントについてはこちらへ

漢方薬 オーダーメイドの抗がん漢方薬生薬レトルトパック
免疫力を高める漢方煎じ薬(レトルトパック)
お試し用抗がん漢方薬(レトルトパック)
冬虫夏草パパイヤ葉茶白花蛇舌草半枝蓮
WTTCコイクシン(WTTC関連エキス製剤)
未認可医薬品 サリドマイドノスカピンジクロロ酢酸ナトリウム低用量ナルトレキソンピドチモドイミキモドラパマイシン
保険適応外使用医薬品 COX-2阻害剤(セレコックス)シメチジンメベンダゾールジスルフィラムオーラノフィンセファランチンメトホルミンスルファサラジン
サプリメント・食品 発酵小麦胚芽エキス(AveULTRA)R体-αリポ酸&セレンメラトニンアセチル-L-カルニチンL-カルニチンジインドリルメタン(DIM-Pro100)キサントン-40Artemix/アルテスネイトDHA/EPAシリマリンIP-6&Inositol(イノセル)ミサトールデリシャスシクロカプセル化コエンザイムQ102-デオキシ-D-グルコースビタミンD3パルミトイルエタノールアミドβ-カリオフィレンアルベックスケトンサプリメントレスベラトロール(リポソーム化)
注射薬、など 高濃度ビタミンC点滴プラセンタ・エキス療法(メルスモン/ラエンネック)水素ガス浴水素ガス吸入療法
その他 メトロノミック・ケモテラピー抗腫瘍免疫増強法フェロトーシス誘導法酸化療法抗老化療法(アンチエイジング)

新刊紹介

「やせる!若返る!ケトン体食事法」

「医療大麻の真実」

+ 書籍のご案内 +

がん細胞のエネルギー産生と細胞分化の異常をターゲットにしたがん代替療法
(1300円+税)
糖質摂取を減らせば老化を遅らせ、健康寿命が延びる理由を徹底解説。
(1300円+税)
がんを予防するため、すでにあるがんを悪くしないためにはどのような食事をすべきかを解説。
(1400円+税)
今あるがんを消滅させる食事療法「中鎖脂肪ケトン食」について解説しています。
(1400円+税)
がん治療に漢方薬が役立つ理由と根拠を解説しています。
(1500円+税)
がんの再発を予防するために自分で実践できる様々な方法を紹介しています。
(1500円+税)

ケトン食と『がんの酸化治療』:酸化ストレスを高めればがん細胞は自滅する

がん細胞の解糖系を阻害し、ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化を活性化すると、酸化ストレスが亢進してがん細胞は自滅します。ケトン食をベースにして幾つかの薬を組み合わせた治療です。

フェロトーシス(Ferroptosis)誘導によるがん治療

がん細胞は鉄を多く含んでいます。この鉄を利用してがん細胞を死滅させることができます。正常細胞は鉄の含有量が少ないので、正常細胞への毒性の少ないがん治療を達成できます。

トル様受容体7(TLR7)リガンド(イミキモド)を使用した抗腫瘍免疫増強法

樹状細胞を活性化する方法として、トル様受容体7(Toll-like Receptor 7: TLR7)のリガンドであるイミキモド、インターロイキン-12(IL-12)の産生を高めて樹状細胞の成熟を促進するピドチモドの併用が有効です。 さらに、キラーT細胞の働きを抑制している様々な要因を取り除けば、がん細胞に対する免疫的排除も可能になります。

メラトニンを使用した抗腫瘍免疫増強法

メラトニンは細胞性免疫を活性化する作用や、直接的な抗がん作用など、様々なメカニズムで抗腫瘍活性を示します。さらに他の方法を組み合わせれば、抗腫瘍効果を高めることができます。

カンナビジオールを使ったがん治療

医療大麻はがん治療に有効ですが、大麻取締法によって日本では使用できません。繊維を取る目的の産業用大麻(industrial hemp)の茎には精神変容作用を持つテトラヒドロカンナビノールがほとんど含まれず、精神作用のないカンナビジオールを多く含みます。産業用大麻の茎や種子よびその製品は大麻取締法の規制対象外です。 近年、カンナビジオールには多彩な抗がん作用が報告されています。

メベンダゾールを使ったがん治療

駆虫薬として広く使用されているメベンダゾールに強い抗がん作用が報告されています。副作用が少なく安全性の高いがん治療です。

寿命を延ばすがん治療:2-デオキシ-D-グルコース+メトホルミン+ラパマイシン+ケトン食

寿命延長と抗がん作用に共通する解糖系とmTORC1をターゲットにしたがん治療法です。

オピオイド増殖因子を用いたがん治療

オピオイド増殖因子(メチオニン・エンケファリン)は細胞周期をG1期に停止させてがん細胞の増殖を阻止する効果と、ナチュラルキラー細胞活性とTリンパ球活性を高めて免疫力を高めます。進行膵臓がんや乳がんや卵巣がんなどで有効性が示されています。

2-デオキシ-D-グルコースを用いたがん治療
2-デオキシ-D-グルコースはがん細胞の多く取り込まれ、解糖系によるエネルギー産生を阻害し、ペントースリン酸経路による核酸などの物質合成を阻害することによってがん細胞の増殖を抑制します。抗がん剤治療や放射線治療の効果を高めます。
AMPK、mTORC1、FOXO3Aをターゲットにしたがん治療
AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)と哺乳類ラパマイシン標的蛋白質複合体-1(mTORC1)と転写因子のFOXO3Aなどをターゲットにしたがんの治療法です。ケトン食+メトホルミン+フェノフィブラート+イソトレチノンなどを併用するとがん細胞を効率的に死滅できます。しかも、これらはいずれも比較的安価です。
がんの中鎖脂肪ケトン食療法
ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅します。糖質を制限し、中鎖脂肪とオメガ3系不飽和脂肪酸やオリーブオイルを増やしてケトン体を多く出すと、がん細胞を選択的に兵糧攻めにできます。
がんとの共存・自然退縮を目指す「体にやさしいがん治療」
1種類の治療法でがん細胞の増殖を完全に抑えることは困難です。作用機序の異なる複数の方法を組み合わせると、相乗効果によってがん細胞の増殖を抑え、がんとの共存や自然退縮を達成する可能性を高めることができます。
がん細胞におけるエネルギー産生の特徴を利用したがん治療
がん細胞の特徴である嫌気性解糖の亢進やミトコンドリア機能の低下を利用した治療法です。がん細胞に選択的にエネルギー産生を枯渇させ、酸化ストレスを増大させ、がん細胞を死滅させます。抗がん剤感受性を高めるので、抗がん剤治療との併用で抗腫瘍作用を増強します。
AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)の活性化を目標としたがん治療
AMP活性化プロテインキナーゼを活性化すると、副作用無くがん細胞の増殖を抑えることができます。
哺乳類ラパマイシン標的蛋白質(mTOR)をターゲットにしたがん治療
哺乳類ラパマイシン標的蛋白質(mTOR)の上流のシグナル伝達系(PI-3キナーゼ/AKT)および下流のシグナル伝達系(HIF-1など)を阻害すると、がん細胞の増殖を抑制し、細胞死を誘導できます。
転写因子NF-κBの阻害によるがん治療
がん細胞の増殖・転移・抗がん剤抵抗性を引き起こす転写因子NF-κBを阻害する治療法を紹介しています。
体にやさしい「がん休眠療法」
腫瘍血管新生阻害、COX-2阻害、抗がん漢方薬などの医薬品を組み合わせて、がんの増殖を抑える治療法です。
酸化ストレスの軽減を目指したがん治療
酸化ストレスを軽減するとがん細胞の増殖や悪化を阻止することができます。酸化ストレスを軽減する「水素ガス吸入療法」と「抗酸化性サプリメント」と「抗がん漢方薬」の併用によって体にやさしいがん治療が実践できます。
副作用が少なく抗がん作用を有する医薬品とサプリメント
副作用が少なく抗がん作用を有する医薬品やサプリメントを紹介しています。これらは単独では抗腫瘍効果に限界がありますが、複数を組み合わせると、がん細胞の増殖を抑え縮小させることができます。
抗がん剤治療による末梢神経障害を改善するサプリメント

抗がん剤による末梢神経障害に対してアセチル-L-カルニチン、メラトニン、αリポ酸の有効性が報告されています。これらはいずれもサプリメントで、副作用はほとんど無く、しかも抗がん剤治療の副作用軽減だけでなく、抗腫瘍効果を高める効果も報告されています。抗がん剤治療による末梢神経障害の予防と治療において、これらのサプリメントを組み合わせる方法は試してみる価値があります。
血管新生阻害によるがん治療
腫瘍血管の新生を阻害する方法を組み合わせることによってがんとの共存を目指します。
ジインドリルメタンの抗がん作用
ジインドリルメタンには、乳がんや前立腺がんなど多くのがんに対する効果が報告されています。転写因子のNF-κBの活性を阻害して抗がん剤感受性を高める作用があります。1ヶ月分(120カプセル)9000円
ノスカピンの抗がん作用
副作用が少なく、内服で微小管阻害作用による抗がん作用を発揮することが報告されています。
低用量ナルトレキソン療法の抗がん作用
麻薬中毒やアルコール中毒など薬物依存症の治療に使用されていナルトレキソンを、薬物依存症の治療に使う量の10分の1くらいの低用量を投与すると免疫力やがんに対する抵抗力を高める効果が報告されています。1ヶ月分の費用は12,000円です。
メラトニンの抗がん作用
抗がん剤、放射線、免疫療法と併用して、その副作用を軽減し、抗腫瘍効果を高めることが多くの臨床試験で確かめられています。1ヶ月分が5000円(1日20mg)〜10000円(1日40mg)
アルテミシニン誘導体を用いたがん代替医療
抗マラリア薬のアルテミシニンに抗がん活性と血管新生阻害作用が注目されています。血管新生阻害剤やCOX-2阻害剤との相乗効果が報告されています。
高濃度ビタミンC点滴療法
大量(1回50〜100g)のビタミンCを点滴すると、がん細胞を選択的に殺す効果があることが報告されています。
高濃度ビタミンC点滴とアルテミシニン誘導体製剤の併用療法
高濃度ビタミンCとアルテミシニン誘導体製剤を併用して、活性酸素を利用してがん細胞を殺す治療法です。
半枝蓮を使ったがんの薬草治療
細切した半枝連を和紙に1袋30g入れて安価で提供しています。30g1袋が300円(税込み)。1日1〜2袋を自分で煎じて服用するとがん細胞の増殖を抑える効果が期待できます。
抗がん力を高めるサプリメント
がん治療や再発予防に効果があるサプリメントや健康食品を紹介しています。
がん代替医療の情報
がんの種類や病態別に、役に立つ代替医療の情報を紹介しています。

topics
ブドウ糖を絶てばがんは死滅する!というのは、本当なのか?
日刊ゲンダイ(2013年10月21日)の記事です。
脳腫瘍のケトン食療法
グリオブラストーマなどの悪性脳腫瘍の治療に中鎖脂肪ケトン食療法が有効です。
長生ドラジ
ドラジは桔梗(ききょう)のことです。通常は3〜4年の根が使用されますが、21年間栽培した長生ドラジは抗がん作用が強く、臨床試験で有効性が認められています。(詳しくはこちらへ
R体-αリポ酸&セレン
通常のラセミ型のαリポ酸より生物活性の高いR体-αリポ酸のみを使用しています。
R体-αリポ酸をγ-シクロデキストリンで包接することによって、光や熱や胃酸に対する安定性と生体利用能(消化管からの吸収性と血中での持続性)を高めています。グルタチオン・ペルオキシダーゼやチオレドキシン還元酵素などの抗酸化酵素の活性に必要なセレンを1日量60μg含有しています。さらに、治癒力を高める様々な酵素の活性に必要なミネラルである亜鉛を1日量10mg含有しています。
アルファリポ酸とセレンと亜鉛の相乗効果で、抗酸化力と免疫力と解毒力を増強します。
1ヶ月分(60カプセル)5000円(税込み)
ビタミンD3
がんの再発予防には1日1000〜2000 IU(25〜50μg)、再発リスクの高い場合や進行がんの場合は1日2000〜4000 IU(50〜100μg)が推奨されます。特に、大腸がん、乳がん、前立腺がん、肺がん、膵臓がん、血液系腫瘍などでは、ビタミンDを積極的に摂取することは有効だと言えます。
また、がん細胞の分化誘導には、レチノイドやベザフィブラートなどのPPARリガンドを一緒に投与すると効果を高めることができます。ヒストンのアセチル化を促進するケトン食やアセチル-L-カルニチンやL-カルニチンの併用も有効です。
ビタミンD3
についてはこちらへ
自宅でできる「水素ガス吸入療法」
水素分子(H2は最も優れた還元力をもつ物質です。活性酸素の中でも最も有害なヒドロキシラジカルを消去し、生体防御や細胞機能に重要な働きを持つスーパーオキシドや過酸化水素は消去しません。
また、水素は生体膜を拡散し種々の細胞内小器官に浸透しうる(血液脳関門も容易に通過する)ので、活性酸素による酸化障害の治療法として理想的な特徴を持っています。
抗がん剤の副作用軽減に有効です。美容や抗老化にも効果が期待できます。
水素を大量に発生させる発泡水素材を利用し、自宅で安全に水素ガスを吸入できる方法を紹介します
水素の抗がん剤の副作用軽減作用についてはこちらへ
水素ガス浴
世界に類を見ない発泡水素発生材が開発されました。お湯に入れるだけで分子状水素ガス(H2が大量に発生し、風呂桶いっぱいに、水素を豊富に溶存させたお湯を作ります。この水素浴で、水素ガス分子は、皮膚や肺から血液に入り、全身の細胞の中へ素早く届き、体内の活性酸素を消去し、酸化ストレスを軽減します。入浴による血液循環や新陳代謝の活性化の効果に、水素ガスによる酸化ストレス軽減効果が加わると、回復力や自然治癒力が相乗的に高まります。
がんサバイバーのための栄養と運動
米国がん協会のレポートの翻訳(抜粋)です。がんサバイバーにとって極めて有用な情報がまとめられています。
抗がんサプリメントの正しい選び方、使い方
抗がんサプリメントを選ぶ際の注意点をまとめています。
がんの再発予防について
がんは全身病です。再発を予防するためには、目に見えないうちから手をうつことが大切です。
乳がんの漢方治療
乳がん患者さんの症状や治療の状況に応じた漢方治療について解説しています。
漢方薬とCOX-2阻害剤を併用した免疫増強法
免疫力を高める漢方薬とCOX-2阻害剤のセレコックスの併用は、がんに対する免疫力を相乗的に高めることが期待できます。
血管新生阻害作用をもつ漢方薬とサプリメントによる再発予防
がんの治療後に血管新生阻害作用を有する漢方薬やサプリメントを服用すると再発予防の効果が高まります。
CT検査による放射線被曝による発がんを予防する方法
通常のエックス線検査ががんの発生リスクになることが知られています。CT検査は1回で7〜20ミリシーベルトの被曝を受けると言われています。数回であれば問題ありませんが、年に何回もCT検査を受けるとあらたながんの発生リスクは無視できません。放射線被曝による発がんリスクを軽減するためには、抗酸化力と免疫力を高めることが重要です。
低線量放射線被曝による健康被害を軽減する方法
福島原発事故による放射線被曝による健康被害に対する対策について解説しています。
漢方薬+COX-2阻害剤(celecoxib)+メラトニン+IP-6 & Inositol(IP-6イノセル)を併用した抗腫瘍免疫力の増強法
ナチュラルキラー細胞とT細胞の活性化と、がん細胞に対する免疫寛容状態の改善を目標にした治療法です。
ジクロロ酢酸ナトリウムの抗腫瘍作用
がん細胞のアポトーシスを起こしやすくする作用が報告されています。
固形がんに対するサリドマイドの効果
サリドマイドの効果が期待できる固形がんあるいは肉腫について、その有効性や問題点をまとめています。
セファランチンの抗がん作用
がん細胞のアポトーシス誘導、血管新生阻害作用、副作用軽減作用などの有効性が報告されています。副作用が少なく安価です。
アシュワガンダ葉抽出エキスの抗がん作用
アシュワガンダはインド伝統医学アーユルヴェーダで数千年の昔から使用されている薬草です。体力や精力の増強、各種ストレスに対する抵抗力や免疫力の増強、若返り促進などの効能があります。抗炎症・抗酸化・免疫力増強・鎮痛・がん細胞の増殖抑制などの効能が明らかになっています。
アシュワガンダの葉に含まれるウィザノン(withanone)という成分は、がん細胞に対しては増殖を抑え。アポトーシス(細胞死)を誘導する作用を示し、正常細胞に対しては酸化ストレス軽減・寿命延長・ダメージから保護する作用を示します。したがって、抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減し、抗腫瘍効果を高めます。
アシュワガンダ葉についてはこちらへ:。
ドコサヘキサエン酸(DHA)/エイコサペンタエン酸(EPA)
魚油に多く含まれるオメガ3系不飽和脂肪酸には、様々な抗がん作用が知られています。1袋でDHA 24.3g EPA 5.4gを摂取出来ます。300mg×300粒入 3,500円 
チャーガ(カバノアナタケ)の抗がん作用
白樺に寄生するキノコのチャーガ(カバノアナタケ)には、免疫力増強作用やがん細胞を死滅させる成分が多く含まれています。
がんに効くWTTC

藤瘤・訶子・菱実・よく苡仁の4種類を組み合わせた漢方薬(4つの植物の学名の頭文字をとってWTTCと名付けられている)が、進行した胃がんや食道がんに効果があることが報告されています。

善玉菌が増える腸内環境の作り方

腸内の乳酸菌を増やすと、免疫力や解毒力を高める効果があります。

インフルエンザに対する抵抗力を高める『板藍根とエゾウコギとキノコの煎じ茶』
体力・免疫力の増強と抗ウイルス作用の相乗効果により、インフルエンザに対する抵抗力を高めます。
血中循環がん細胞(Circulating Tumor Cell)の検査
乳がん、大腸がん、前立腺がんなどで、血液中のがん細胞の測定が予後予測や治療効果の判定に役立つことが報告されています。再発予防のための治療方針を決める際に有用な情報を提供してくれます。1回の検査料9万円。 詳しくはこちらへ
マイコン自動煎じ器
耐熱ガラスポットとタイマーのついた温熱器がセットになった自動煎じ器を使うと漢方煎じ薬の作成が簡単です。
クリニックの紹介記事など

銀座東京クリニックや院長の記事やサイトの紹介です。

+ リンク +
体にやさしい漢方がん治療
がんの漢方治療や代替医療を総合的に解説しています。

がん患者に対するオーダーメイドの漢方治療を解説しています。

再発予防に役立つ様々な方法を解説してます。

病気の予防や体質改善を目的とした漢方薬の紹介です。
抗がんサプリメントの正しい選び方、使い方
抗がんサプリメントを選ぶ際の注意点をまとめています。

免疫力を高めるために効果的な11種類の生薬を組み合わせた煎じ薬をご紹介します。

がん予防には老化を防ぐことが基本になります。

がんの予防や治療における漢方治療の存在意義を考察しています。
 
| ホーム院長紹介診療のご案内診療方針書籍案内お問い合わせ
COPYRIGHT (c) GINZA TOKYO Clinic, All rights reserved.